topファンド一覧
  • 基準価額一覧
  • ファンド一覧
  • 分配金・償還金
  • 受賞履歴
  • インフォメーション
Go!豪!オースとラリア
2016年12月14日

オーストラリアのコーヒー文化について

 

takeshi

質問:日本ではコーヒーは人気がある飲み物だけど、オーストラリアでもコーヒーはよく飲まれているの?

aus

回答:オーストラリアはもともとイギリスの植民地だったから、昔は紅茶文化が盛んだったんだ。オーストラリアでコーヒーの人気が高まりだしたのは、1950年代にイタリアをはじめ、様々な国から移民としてやってきた人々がコーヒー文化を持ち込んだのがきっかけだと言われているんだ。今では、コーヒーの消費量が紅茶を上回り、オーストラリアにもコーヒー文化が定着しているよ。2012年の一人当たりのコーヒーの消費量は、1年間で約2.9kg(約93杯)で、50年前と比べて約5倍に増加しているんだ。コーヒーの輸入量に関しても、下のグラフの通り増加傾向にあり、近年もコーヒーに対する需要が高まっているといえるね。

 
aus

回答:オーストラリアのコーヒー文化についてもう少し詳しくお話するね。オーストラリアでは、もともとイタリア系の移民がコーヒー文化を持ち込んだこともあって、ラテやカプチーノといった本格的なエスプレッソ系のコーヒーが好まれていて、日本でよく見られるようなドリップ式のコーヒーの人気はあまり高くないんだ。また、大手チェーン店よりも、バリスタや常連客と気軽に会話が楽しめる個人経営のカフェが好まれていて、日本で人気のある大手コーヒーチェーンも苦戦した末にオーストラリアから撤退しているよ。また、ロング・ブラック(エスプレッソにお湯を入れて飲みやすくしたもの)やフラット・ホワイト(エスプレッソにクリーミーなスチームミルクを入れて作られたもの)といった独特のコーヒー文化もあり、たくさんの人に好まれている飲み物となっているよ。

 

takeshi OK

オーストラリアでもコーヒーはたくさん飲まれているんだね!僕もいつか、おいしいコーヒーを飲みにいきたいな♪